ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2011年12月14日 01:45

津波による壊滅的被害をうけた岩手県大槌町。
その大槌町で5ヶ月におよぶ避難所長として常時100人の被災者を受け入れていた
大槌稲荷神社の神主 十王舘勲さん。当日の様子や避難所長としての生活、災害の備え、
災害への心得など、体験談を語ってくださいます。静岡県民の私たちに今できることはなにか。
大槌稲荷神社300年の歴史は避難所としての歴史。
21日夜は避難所でもっとも重要な役割だった「焚火」を囲んでの講演会になります。
寒さ対策は十分にお願いいたします。 



『野びと塾 焚火講演会』
日時:1月21日(土)夜7時20分~ 

演題:僕の避難所長日誌 

講師:岩手県大槌稲荷神社 
   神主 十王舘勲 (じゅうおうだていさお) 

場所:島田山村都市交流センターささま 
テント場
参加費:お気持ちを御願いします(神主さんの交通費として)

備考:センターでの宿泊も可能です。

詳しくは下記まで
島田市山村都市交流センターささま 0547-54-0661
    (講演後は神主さんと交流会も予定しています)


『野びと塾 講演会』
日時:1月22日(日)午前11時~

演題:災害への備え ~いま私たちにできること~

講師:岩手県大槌稲荷神社 神主 十王舘勲

場所:島田山村都市交流センターささま 
和室
参加費:お気持ちを御願いします(神主さんの交通費になります)



お問い合わせ:NPO法人 次世代ひとづくり推進塾 青山真虎 090-3857-6325


スポンサーサイト

ニュース・活動報告 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

静岡ココロの支援員

Author:静岡ココロの支援員

最新コメント

リンク

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。